真・制作部日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ベルリン国際映画祭

<<   作成日時 : 2014/01/18 16:43   >>

トラックバック 0 / コメント 0

「そして父になる」が高崎映画祭でまたまた多くの賞を受賞したと連絡がありました。是枝作品は毎作品、高い評価を頂き、監督と授賞式に伺うのがとても楽しみな映画祭です。「奇跡」で子供たちが受賞したときは「そして父になる」の撮影が間近だったので行けませんでしたが、今回は何とか調整して伺いたいと思います。

そして企画から協力し、現場には出られなかったのですが、仕上げ作業には参加した「家路」がベルリン映画祭のパノラマ部門への出品が正式に決まりました。是枝監督が古くからお付き合いのあるディレクターでドキュメンタリー番組を数多く手がけてきた久保田さんの劇映画初監督作品です。震災後の福島を取材するうちに「これは何かの形にしたい」と久保田さんと脚本家の青木さんが作られたオリジナルストーリーです。取材時、撮影時、現在と被災地の様子は刻一刻と変わってはいると思います。土地を奪われ家に帰れなくなってしまった人たちの思いを映画化したいと云うこの企画に賛同して微力ながら参加させて頂きました。
少ない予算で現場が一番大変だったと思うのですが、渡辺ラインプロデューサーをはじめ先鋭スタッフが集まり素晴らしい作品に仕上がったと思います。3月の公開を前にベルリン映画祭で上映されるというのはとても素晴らしい事で、世界中の人たちにも是非観て貰いたいと思います。
他には山田監督の「小さいおうち」がコンペ部門。坂本監督の「FORMA」がフォーラム部門に出品されるということで結果が楽しみです。

画像
TaguchiHijiriをフォローしましょう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ベルリン国際映画祭 真・制作部日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる