真・制作部日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「夢と狂気の王国」鑑賞記

<<   作成日時 : 2013/11/27 16:18   >>

トラックバック 0 / コメント 0

新宿バルト9で先週末土曜日の午後の時間帯にカミさんと二人で観てきました。公開初日の作品も沢山あり、相変わらずの混雑状態で、この作品も満席でした。20〜30代の男女を中心に全体的には若めのお客さんでした。この作品の砂田監督とは「歩いても歩いても」で是枝監督の助手としてついてもらってから、様々な作品に参加してもらってます。時には予告編の編集なんて仕事もして貰っているのですが、とにかく編集が上手いのです。デビュー作の「エンディングノート」もお父様のキャラクターもさることながらその巧みな編集で、すっかり魅せられてしまいました。次の作品は劇映画に挑戦したいと言って脚本作りをしていた筈なのですが、いつのまにかスタジオジブリに潜り込んで、小さな体で大きな冒険に挑んでいたのです。

是枝監督の仕上げも毎作品事にさまざまな苦労があるのですが、砂田監督の仕上げ作業も相当難航しておりました。ジブリの皆さんも長い時間をかけて試行錯誤を繰り返していた様で、現在公開中の「かぐや姫の物語」も一度発表した公開時期を遅らせての公開です。この作品もかなり取材が進んだ後で、宮崎さんの引退発表などが起きてしまい、ギリギリまで編集に悩んでいました。先輩たちの苦悩をまさに自分の事に置き換えて悩み続ける監督に、周りのスタッフも相当悩まされていた様ですが、この様な素敵な作品が仕上がって、皆満足した事でしょう。

綺麗な画と音楽でおじさんたちへの愛情いっぱいの映画。亡くなった父親へ向けた娘の愛情の様に、映画作りを終わろうとしているおじさんたちと時々猫を愛情いっぱいで描いた作品です。
是非、劇場でご覧下さい。


画像
TaguchiHijiriをフォローしましょう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「夢と狂気の王国」鑑賞記 真・制作部日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる