真・制作部日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 監督面談

<<   作成日時 : 2013/11/10 15:06   >>

トラックバック 0 / コメント 0

11月になり、来年に向けての映画作りが少しづつ始まりました。大事なのは脚本作りとキャスティングです。原作がある場合はその登場人物のイメージでキャスティングが出来るのですが、オリジナル脚本の場合は、脚本に書かれた登場人物をイメージしながらキャスティングを進めます。ところがキャスティングによって登場人物のキャラクターが変わってしまったりするのがオリジナル作品の面白さと怖さなのです。是枝作品は今までも子供が主役だったりして、先ずは子役のオーディションがその作品の始まりだったりします。そのオーディションで子供たちから聞いた話やしぐさなどがそのキャラクターの肉付けになったりするのでとても大事なのです。実は監督はオーディションをしながら子供たちの取材をしていたりするのです。今も何回か中学生を中心とした女の子に会っているのですが、ある意味映画の内容とは結びつかないような質問を投げかけたりするのです。果たしてそれが今後の脚本直しにどんな形で現れてくるのか、楽しみです。

おかげさまで「そして父になる」はまだまだ多くの方々が劇場に足を運んでくれております。新宿ピカデリーでのティーチインも三回目になり、その度に観に来てくれるファンの方までいらっしゃって有り難いことです。「真夏の方程式」に迫る勢いの観客動員を聞いて、配給会社は年内は地道に公開を続けると言ってくれております。
今までの是枝作品は主要都市での公開が終わった後に地方の映画館周りをするというのが恒例だったのですが、今回は最初から300スクリーンでの公開でした。その時だけ盛り上がって直ぐに忘れ去られてしまう様な感じになったら嫌だなと思っていたのですが、とても良い公開が出来てGAGAさんに感謝しております。

監督は海外での公開や映画祭に呼ばれて、まだまだ飛び回っておりますが、来年の映画作りに向けて残されたスタッフで準備を進めつつ、新しいスタッフルーム作りもやっていきます!
TaguchiHijiriをフォローしましょう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
監督面談 真・制作部日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる