真・制作部日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「凶悪」鑑賞記

<<   作成日時 : 2013/10/13 13:57   >>

トラックバック 0 / コメント 0

先日、ヒューマントラストシネマ渋谷で観てきました。平日の午後でしたが幅広い年齢層の方が多く来てました。この作品の監督の白石さんとは、犬童監督の「黄色い涙」で一緒に仕事してから、白石さんが監督したPVの現場やらオリジナルDVDの現場やらで一緒の釜のメシを食った仲間です。その後、企画開発などの打合せで良く顔を合わせていたのですが、なかなか実現出来ずにここのところはご無沙汰気味です。

前作「ロストパラダイス・イン・トーキョー」で難しい題材を見事に映像化し、その確かな演出力で次にどんな作品を作るのか期待していたのですが、もの凄い映画を作ってしまいました。
最初にこの企画の話を聞いたとき、また白石さんはまた難しい題材に挑むんだなぁと思ったのですが、去年亡くなられた若松孝二監督の遺志を継ぐべく、果敢に挑戦した作品だと思います。

それにしても見事なキャスティングだと思いました。ピエールさんとリリーさんは「そして父になる」にもご出演頂いたのですが、全く逆のキャラクターを豪快に演じてらっしゃいました。山田さん、池脇さんもヒリヒリする様なお芝居で見事でした。さらに撮影や美術も見事で、僕が聞いていた予算で、よくここまでの作品を仕上げたなぁと感心しました。白石さんは「そして父になる」の法廷シーンの撮影現場にも遊びに来てくれて、次やる作品の参考に、なんて言ってたのですが、いやいや立派な舞台を作ってらっしゃいました。

まもなく若松監督の一周忌、実は僕の誕生日でもあり忘れられない日なのですが、若松監督も喜んでらっしゃることでしょう。興行収入も1億円を突破したと云う事で、まだまだ上映が続くと思いますので、是非、劇場でご覧下さい。

画像
TaguchiHijiriをフォローしましょう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「凶悪」鑑賞記 真・制作部日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる