真・制作部日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 6月も終わりかぁ

<<   作成日時 : 2013/06/30 12:06   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ブログは勿論、FBやTwitterやLineにも目もくれず、ひたすらドラマの現場をやってました。
何とか16日にクランクアップをし、打ち上げにも出ずに精算を終わらせ、ホッと一息ついたところです。撮影の後半から体にじんましんが出る様になり、無理してるのは判っていたのですが、休む訳にもいかず何とか最後まで食らいつきましたが、まぁ酷い現場でした。脚本に関しては、当初からシリーズ構成なども決まっておらず、毎回変わるメイン舞台も直前まで決まらず、初稿があがったと思ったらその日の夜には決定稿になっていて、打合せも無く翌日には監督ロケハンを行い、その次の日には撮影が始まってしまうと云う状態でした。スケジュールもデタラメで、俳優部のスケジュール優先で同じ場所に何回も通う事になったり、撮影を成立させる為に使うかどうかも判らない許可取りや場所取りに時間とお金を費やすハメになりました。結果もの凄い予算オーバーになってしまったのですが、プロダクションは局に追加予算の申請をしないと云う。その負債は次回作で取り返すなんて社長は言ってたけど、月末の支払いがしきれないからと、請求書を貰っている会社に支払いを遅らせてもらう連絡をしたりしました。おまけに僕のギャラは、この二ヶ月間止まったままで、払う気はあると言ってたけど、本当に払ってもらえるのか?
この現場の後始末はもう少しかかりそうです。

そして、栄二にやってもらった現場は見事にクランクアップしたそうです。
企画段階でのメインのキャスティング作業までしか参加出来ずに、その後の作業は全てお任せ状態になってしまいました。少しは現場に顔出せるかと思っていたのですが、それも出来ずに終わってしまいました。

さて、「そして父になる」はカンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞して、この秋の公開を待つばかりです。
この作品の仕上げ作業も新野君に任せっぱなしになってしまったのですが、本当に素晴らしい作品に仕上がりました。はたしてどれだけ集客出来るか、こればっかりはやってみないと判らないのですが、大いに期待したいです。是枝監督にはこの秋にはキャンペーンで稼働してもらいつつ、来年に向けての企画開発も頑張って貰おうと思います。

この秋をどう過ごすかを僕も考えなくてはいけないのですが、もう少しお休みしつつ、映画を観つつ、お酒をゆっくり飲みたいと思います。
TaguchiHijiriをフォローしましょう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
6月も終わりかぁ 真・制作部日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる