真・制作部日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「最終目的地」鑑賞記

<<   作成日時 : 2012/10/28 11:56   >>

トラックバック 0 / コメント 0

勝利の女神さん、いつもコメントありがとうございます。
来月の授賞式が今から楽しみです。

さて、夏に「ウルヴァリン」日本ロケでもご一緒させて頂いた真田広之さんが出演している「最終目的地」をシネマート新宿で観てきました。

平日の昼間と云う事で年配の女性客が多く来ていました。
ただ今開催中の東京国際映画祭で2009年に上映された事のある作品です。

流石、数々の文芸作品の傑作を生んだアイヴォリー監督。
非常にドッシリと落ち着いて観られる作品でした。

アンソニー・ホプキンスを始め、出演者のお芝居は見事!という感じでした。
真田さんもまさかの役どころでしたが、とてもセクシーに演じていらっしゃいました。

真田さんとは「どっちにするの」や「らせん」などの日本映画の現場でもご一緒させて頂いた事があるのですが、いつも謙虚で気遣いの人です。

最近はすっかりハリウッドの人になってしまいましたが、「ウルヴァリン」の現場でも日本人代表として、日本人が観たらおかしいと思う様な事を的確に指摘していらっしゃいました。

笑顔とユーモアを交えてプロデューサーと打合せしている真田さんは本当に素敵でした。
是非、真田さんに出演して頂ける様な企画を提案したいなと思いました。

ただ、この作品に関しては、監督や出演者の魅力的な部分があるにも関わらず、お話がイマイチでした。
まぁ行き着くとこに行く話なのかもしれませんが、それだけが残念でした。

逆に奇をてらってないと云う意味では、安心してこの物語の世界観に浸る事が出来ると思うので、じっくり鑑賞するにはとても良い作品です。

是非、劇場でご覧下さい。

画像
TaguchiHijiriをフォローしましょう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「最終目的地」鑑賞記 真・制作部日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる