真・制作部日記

アクセスカウンタ

zoom RSS アジア太平洋スクリーンアワード

<<   作成日時 : 2012/10/20 14:09   >>

トラックバック 0 / コメント 1

映画「奇跡」がアジア太平洋スクリーンアワード(Asia Pacific Screen Awards: APSA)の子ども映画部門(Children's Feature Film)にノミネートされました。

この映画祭の受賞者がプロデューサーと云う事で、何と授賞式への招待を頂きました。
是枝作品に何作か携わってきましたが、基本的に映画祭に招待されるのは監督や出演者です。

今回の「奇跡」で僕は白組の小池さんと企画を進めて、是枝監督に監督をお願いをし、ビッグエックスにプロダクションを請け負ってもらい、作品完成までは制作Pとして奔走しました。

ただ、出資している訳では無いので製作委員会に出席する事も出来ず、小池さんに託して宣伝、配給はGAGAさんにお任せ状態になってしまいました。

この辺が日雇い状態のフリープロデューサーの弱い所で、入り口〜出口までを通してプロデュースしないと本来のプロデューサーとは言えません。

作る事も大変なのですが、公開して成績を上げる事やビデオグラムや海外での配給などで利益を上げる事が如何に大変な事かは判っているつもりです。

正直、成績に関してはJR東日本さんの多大なる協力を頂いたにも関わらず、あまりふるわず、サン・セバスティアン国際映画祭での脚本賞を受賞するも期待通りにはいきませんでした。

でも、観て頂いた方々からの非常に高い評価は、やはり是枝監督の作品ならではという感じで、小池さんもこの作品に関われて良かったと言って頂きました。

その小池さんが企画と公開を、制作を僕が担当して二人で作り上げた作品でしたので、二人で映画祭に参加出来るというのが何よりの喜びです。

日本の作品はアニメーション部門に4作品がひしめき合うと云う状態で、そちらの話題の方が大きいかと思いますが、11月にオーストラリアに行ってきたいと思います。


画像

TaguchiHijiriをフォローしましょう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
おめでとうございます。
プロデューサー対象の賞の存在に驚きました。日本のプロデューサーのノミネートとは誇らしいです。是非胸を張って授賞式にご参加ください。応援しています。
勝利の女神
2012/10/25 22:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
アジア太平洋スクリーンアワード 真・制作部日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる