真・制作部日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「夢売るふたり」鑑賞記

<<   作成日時 : 2012/09/17 13:24   >>

トラックバック 0 / コメント 0

連休中日のTOHOシネマズ府中に行ってきました。
劇場は非常に混んでいましたが、プレミアムシートの回での鑑賞が出来ました。

毎作品「嘘」を扱って、人間のダークな部分などを冷静にあぶり出す様に描いてきた西川監督が今作扱うのは「結婚詐欺」

以前からこの題材を作品にしたいと言って、様々な取材をしていたと思います。
「蛇イチゴ」以降の作品ではご一緒する機会が無いのですが、今作も期待して観ました。

火事により店を失ってしまった夫婦が再生する為に選んだ道が、女性に夢を売ってお金を稼ぐと云う道。
様々な女性達が男にお金を貢ぐのですが、次第に男と妻の間にも溝が出来てきて…。

とにかく松たか子さんが凄いです。
女性のかわいらしさ、怖さ、強さ、弱さなどをこれでもかと突きつけてきます。

そして阿部サダヲさんの良い男っぷりも良かったです。
さらに鈴木砂羽さんや香川照之さん達、共演陣の豪華さもかなりのものでした。

前半のややコメディタッチの心地よい流れから、新しいお店を持てそうになってきて、男が贅沢を言い始めるあたりからの転調。

果たして男の行為は「詐欺」なのか、「商売」なのか、目的が曖昧な付き合いをしている様に感じた妻がイライラし始めるとお話は意外な方向に向かっていくのです。

後半の展開は、やや腑に落ちないと云うか、子供の扱い方に対して不満が残るものの、西川作品らしいオトシマエの付け方でした。

それにしても是枝さんといい、西川さんといい、もう少し短くすればもっと良くなると思うんですけど、丁寧に描いちゃうんですよね。

評価的には賛否両論あるようですが、こういう日本映画をどんどん観て貰って、オリジナル作品の企画が作りやすい状況になってくれる事を切に願います。

是非、劇場でご覧下さい。

画像
TaguchiHijiriをフォローしましょう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「夢売るふたり」鑑賞記 真・制作部日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる