真・制作部日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「マネーボール」鑑賞記

<<   作成日時 : 2011/12/02 18:02   >>

トラックバック 0 / コメント 1

昨日の映画サービスデーに渋谷シネパレスに行きました。
夕方からの回だったけど、お客さんはパラパラって感じでした。

野球映画は「ミスタールーキー」の現場で、いやって云う程、大変さと難しさを経験しましたが、この作品は良く出来てました。

実話に基づいた話を過剰な演出や大げさな表現をしない作品を最近も観たなと思ったら、「ソーシャルネットワーク」の製作陣との事で納得。

野球の試合に勝つか負けるかというお話よりも、風変わりなGMが、野球の伝統やルールなどおかまい無しに、自分のスタイルでお仕事する話がメインです。

ドキュメンタリー映画の様にアーカイブ感満載で、実在の選手なども多数登場している様ですが、演じている俳優部が違和感無く、リアルに存在しているのが凄いです。

試合の場面も、超スローの劇画チックな場面などがあるのですが、上手く実際の試合の様に撮影されていて、合成で増やしているかもしれませんが、スタンドが人でキチンとうまっているのです。

こういう何気ないリアリティを表現するという事は、以外に手間がかかって、お金がかかるという事は良く判っているつもりです。

音楽も大げさではなく、無理矢理泣かせる感じではないのに、グッとくるのが凄く良いなぁと思ってたら数々の映画音楽を作られているMychael Dannaさんでした。

以前に是枝監督がMychael Dannaさんに音楽をお願いしたいと言ってたのですが、交渉が難しそうで断念したのです。

ブラッド・ピットとジョナ・ヒルの掛け合いも面白いので、是非劇場でご覧下さい。


画像
TaguchiHijiriをフォローしましょう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
野球好きの息子にせがまれ、少し前に観にいってきました。

どんなストーリーで誰が出演してるとも知らずに…(笑)


そして、「ジョ―ブラックをよろしく」や「セブン」のイメージが強かったため、ブラピだと気付くまで、時間がかかってしまいました。(笑)


ずいぶん雰囲気が、青年から中年になってたんですね。


でもその風貌が、今回の役にとてもハマっていたと思います。


実際の話としてではありましたが、ワクワクしながら観ておりました。


俳優には、どんな役をしても、その俳優そのものであったり、誰かわからないくらい役にハマる俳優がいますね。


彼は、トムクルーズと違い、役にハマるタイプの俳優のように思います。



私事ですが…

りおんも、何本かCMに出たものの、ドラマのオ―デでは、最終の数人まで残るものの出る事が出来ない状態が続いておりましたが、


やっと、小さい役ですが、映画出演が決定致しました。

彼本人の性格やイメージとは全く違う役です。


私は、彼にはいろんな役がこなせる俳優になって欲しいと思っております。

そしていつか、役者として成長した彼に再びお会いしていただける事を夢見て…
りおんママ
2011/12/15 12:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
「マネーボール」鑑賞記 真・制作部日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる