真・制作部日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「テイクイットイージー」について2

<<   作成日時 : 2011/08/10 00:32   >>

トラックバック 0 / コメント 2

Grapholicさん、コメントありがとうございます。
大森監督に連絡したのですか!凄いですね。

ラストのサイドカーの撮影は、大野町での撮影となってますが、詳しい場所はわかりません。
ちなみに裕司の顔のアップは、日活撮影所に戻ってから多摩川の川原で牧草を用意して撮影した筈です。

さて、記憶違いがありました。
裕司の部屋を原宿とお伝えしたのですが、荻窪のスタジオテンというところでした。

屋上に画を描いてしまい、後始末が大変だったと思い出しました。
失礼しました。

サイドカーは転倒場面の撮影で、結構酷い事になってしまったと思います。
東京に持って帰って来て、廃車にするか、どうするか位の重傷だった筈です。

本番になるとエンストしたりして、高橋レーシングと言うカーアクションのベテランチームが吹き替えなどもやってくれたのですが、バイクの機嫌を取るのが一番手こずっていたと思います。

今でも部分的にでも現存しているとは驚きです。
会えたら良いですね。

それでは、函館の旅が有意義なものになることをお祈りしております。
TaguchiHijiriをフォローしましょう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ありがとうございます!

大野町ですね、写真(といってもテレビの画面を映したモザイクのような)を持って大野町役場に行ってみます。

もしかしてあのシーンはスタントだけで裕司が起き上がり倒れるシーンは別のところで撮影されたという事なのでしょうか?

ちなみに宿は駅前のホテルをキャンセルして丸仙旅館を予約してしましました。

明日から行ってきます、本当にいろいろありがとうございました。

Grapholic
2011/08/10 16:12
この、ブログを発見しまして本日
荻窪のスタジオテンに行きました。
外観は改装して綺麗になってましたが、当時の面影は大分、残ってました‼
ストップモーションの螺旋階段やつみきが描いた絵が有る屋上も健在の様ですし、スタジオテンのHPにもフローリングに向き出しのトイレや部屋から空が観える窓も掲載されて
います。
あんな部屋に住むの未だに憧れてますし、あの当時の吉川晃司さんの生き方は今だに鮮烈な印象に残ってますし、トランクにラッキーストライクを詰め込むの一度はしてみたいと四十二にもなって憧れています‼

ちなみに私はタバコ吸わないですが(笑)

五十嵐
2013/06/05 21:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
「テイクイットイージー」について2 真・制作部日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる