真・制作部日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 原田芳雄さん

<<   作成日時 : 2011/07/19 16:06   >>

トラックバック 0 / コメント 3

先程、撮影の山崎さんから電話がありました。
その第一声が「聴いた?」だったので、安田会長の時と同じく悪い知らせだと直ぐにわかりました。

「原田さんが…」と言われてしばし呆然。
先日の舞台挨拶のお姿に少なからずショックを受けていたのに、あれから何日もたってません。

言われてパソコンを開いて、ニュース速報をみるとそこに…


原田さんとご一緒させて頂いたのは「どついたるねん」が最初でした。
言わずと知れた阪本監督のデビュー作で、大ヒットした映画です。
原田さんは体調管理も含めてお一人で常宿に泊まり、そして撮影のある日も無い日も大阪城周辺のジョギングを欠かさず、しかもメイクは全てご自分でやって現場入りするというスタイルがとてもかっこ良かったです。

次にご一緒したのが「アナザヘヴン」です。
この作品では、クランクイン直前、トレーニング中に足をケガしてしまい、あわや降板か!という状況だったのですが、脅威の回復力で、撮影中に走れるまで復活したのには驚かされました。

そして「花よりもなほ」
出演日数は少なかったのですが、是枝監督のたっての希望と云う事でご出演頂きました。

そして「歩いても 歩いても」
老人役と云う事で、髪の毛をご自分で白髪に染めてしまい、メイクの夢月さんと大慌てさせられました。
暑い夏のスタジオで、家族から疎まれているという役柄の為に、出番の無い時はわざわざ遠い控え室まで帰って、家族との距離を作って役作りして下さったのが印象的でした。

そして「奇跡」
去年の今頃はまだ準備段階で、JR東日本企画の会議室で衣小合わせをした時に、電車好きの原田さんの為にJRの方々が列車の模型をくださったりして、大変喜んで下さいました。
鹿児島の現場でも、お元気そうで、酔っぱらった役を楽しそうに演じてくださいました。

あれから一年もたってないのに…。

今年の春に体調を崩されていると云う事は聞いていたのですが、まさかそんなに悪かったとは思いませんでした。
それにしても最後の作品が阪本監督で、しかも主演作。
本当にかっこいい方です。

ご冥福をお祈り致します。





TaguchiHijiriをフォローしましょう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
本当に偉大な映画人でしたね。とても残念です。
しらいし
2011/07/20 15:13
今日、原田芳雄さんの通夜に行って来ました。約1200人の方がこられたそうです。
参列者の豪華さが、芳雄さんの人柄の全て、そして、日本映画界の底力を感じました。それは僕が確認できただけでも(敬称略)役所広司、石橋蓮司、佐藤浩市、奥田瑛二、石橋凌、竹中直人、、松岡昌宏、内田裕也、でんでん、阿藤快、なぎら健壱、地井武男、椎名桔平、恵俊彰、村上淳、中村獅童、勝村政信、田中要次、江口洋介、吹越満、小野武彦、金山一彦、田口浩正、江本佑、仲野茂、岩下志麻、宮沢りえ、桃井かおり、大楠道代、柴田理恵、渡辺真起子、高田聖子、ベッキー、京野ことみ、安藤 サクラ。他、映画監督、役者、タレント、音楽関係、芸能関係全て多数。こんなメンバー絶対あつめられません。芳雄さん、ほんの少しでも、その精神を引き継いでいきたいと思います。
オオサキ
2011/07/22 01:31
告別式の様子をテレビで観ながら、

あまりにも早すぎる、と思いながらも、最後まで役者として命を全うされた事に、

原田さんの生き様の格好良さを知りました。


そして、「血縁だけが家族じゃない」精神、

本当にその通りで、そしてそれを行動にうつす原田さんを尊敬致します。


ご冥福をお祈り申し上げます。
りおんママ
2011/07/22 14:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
原田芳雄さん 真・制作部日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる