真・制作部日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「軽蔑」鑑賞記

<<   作成日時 : 2011/06/14 11:47   >>

トラックバック 1 / コメント 0

「奇跡」は興行ランキング11位、ぴあ初日満足度ランキングで5位、くるりさんのCDもオリコン12位というスマッシュヒットスタートをきりました。ありがとうございます。

平日の午後に割と年配の男性がチラホラと云う入りの角川シネマ新宿で「軽蔑」を観てきました。
廣木監督の作品は「ラマン」でお手伝いして以降は、現場的には機会がありません。

それにしてもコンスタントに作品を作り続ける、凄い監督だと思います。
今作は、大先輩の森重さんがプロデュースして、湊谷くんがプロデューサーです。

奥寺佐渡子さんの脚本で、鈴木杏、高良健吾というフレッシュな顔合わせで、期待感がいっぱいでした。
相変わらず原作は読んでなかったのですが、雰囲気的にせつなそうな内容なんだろうなと思って観ました。

高良さんはここ何作かいろいろな役を観てきましたが、この「カズ」の不安定な感じを見事に体現していました。
小林さんと根岸さんの夫婦と云う絶妙なキャスティングや、大森さんの悪い男も面白かったです。

そして、鈴木杏さんがまさに体当たりの演技で、とても頑張っておりました。

と、お芝居に関しては申し分無いのですが、気になった点がいくつか…。

始まっていきなり台詞が聞き取り難く、なんだかモヤモヤしたままお話が進んで行き、まぁ観てればわかるんだろうなと思っていたけど、ずっとそのモヤモヤのままでした。

ワンポイント登場の蒼井そらさんのおっぱいにドキドキしてしまう僕が、単純におっぱい星人だからかもしれませんが、「真知子」はやはり肉感的な魅力のある女性が演じた方が良かったのではないかと思いました。

それぞれのキャラクターは、廣木監督お得意の長回し等で、見事に描かれているのに、話の展開にどうにもついて行けなかったのが残念でした。

ただ、高良さん、鈴木さんの頑張りを観るだけで、一見の価値有りという作品です。
是非、劇場でご覧下さい。

画像
TaguchiHijiriをフォローしましょう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画「軽蔑」軽蔑というよりバカバカしい
「軽蔑」★★★ 良健吾、鈴木杏、大森南朋、忍成修吾、 村上淳、根岸季衣、田口トモロヲ、 緑魔子、小林薫出演 ...続きを見る
soramove
2011/06/26 02:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「軽蔑」鑑賞記 真・制作部日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる