真・制作部日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「英国王のスピーチ」鑑賞記

<<   作成日時 : 2011/04/14 23:22   >>

トラックバック 0 / コメント 0

地震やら何やらで見逃していたこの作品をTOHOシネマズデーでやっと観てきました。
平日の午後でしたが、府中には結構お客さんが入ってました。

スピーチの下手な国王が上手くスピーチが出来ように努力する話。
そんな情報しか知らなかったのですが、いやいや各映画賞を受賞するだけの事はありました。

生徒と先生が一つの目標に向かっていくお話はいろいろありましたが、それぞれの立場と人生と愛情が実に見事に描かれておりました。

スピーチが下手な亭主の為に奔走する妻をティム・バートン作品でお馴染みのヘレナ・ボナム=カーターが演じていて、実に可愛らしく、そして逞しいのです。

そしてコリン・ファース。トラウマを抱えた人物のいらだちや弱さを巧みに演じていました。
実在の、しかも国王を演じると言うのは結構大変だったのではないかと思います。

そして、先生役のジェフリー・ラッシュがいい味出してました。
とにかく俳優陣が素晴らしかったです。

さまざまな出来事で二人のレッスンは順調には進まないのですが、最後は感動して思わず涙ぐんでしまいました。
まだ未見の方は是非、劇場でご覧下さい。

画像
TaguchiHijiriをフォローしましょう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「英国王のスピーチ」鑑賞記 真・制作部日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる