真・制作部日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「GANTZ PERFECT ANSWER」鑑賞記

<<   作成日時 : 2011/04/29 13:45   >>

トラックバック 0 / コメント 0

前作を観るタイミングを逸して、どうしようかと思ったのですが、先週金曜日にまだやっているということで、新宿ピカデリーで滑り込み鑑賞。

その晩にテレビ放送も見て、すっかり「GANTZ」世界に浸ったまま、今作は府中のTOHOシネマズで観て参りました。中、高校生が結構来ていて、場内は満員でした。

佐藤監督とは「いぬのえいが」でご一緒した事があるのですが、とても真面目で温厚そうな方で、大人しそうな外見からとてもアクション映画とか撮らなさそうに思うのです。

でも「修羅雪姫」でも、切れのあるソードアクションを撮っていたので、今回も大いに期待してみました。
前作程、特撮っぽさが無かったけれど、相当タフな撮影をした感じがわかる画作りでした。

そもそも佐藤監督はカット割りが細かい方なのですが、今回はあえて長回しのアクションに本物と偽物二人が同時にいるカットとかを作っていてとても面白かったです。

忙しい二宮さんと松山さんのスケジュール調整はさぞ大変だったろうな、なんて余計な事を心配する位、ライブアクションに力が入っておりました。

ただ、前作は星人との戦いと云うのが割とはっきりしていたのですが、今回の地球人型との戦いが、狙いではあったのでしょうが、面白みに欠けました。

というか、世の中の状況的に、「人と人が殺し合うアクション」とか観てる場合なのか?なんて思ってしまったりして、映画自体はとても面白かったのですが、ちょっと気になってしまいました。

原作とは随分違うらしいので、漫画も読んでみたいと思います。
大ヒットになる勢いなので、是非劇場でご覧下さい。


画像
TaguchiHijiriをフォローしましょう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「GANTZ PERFECT ANSWER」鑑賞記 真・制作部日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる