真・制作部日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「漫才ギャング」鑑賞記

<<   作成日時 : 2011/04/22 12:21   >>

トラックバック 0 / コメント 1

実はこの作品は、震災後に映画館が再開した時に観たのですが、すっかり書くタイミングを失ってしまっていました。
品川さんの監督作品を観たのは実に三本目。

最初は「監督感染」という短編オムニバスでした。
本当は榊監督の作品を観たくて行ったのですが、品川さんの作品がとても良く出来ていたのです。

そして、長編初監督作「ドロップ」が大ヒット!
アクションと笑いと涙のエンターテインメント作品が撮れる監督として注目してました。

とあるマンガ原作の監督候補に僕は一押しして、とりあえずスケジュールを聞こうと吉本に打診したのですが、二本目までは自分の企画作品を監督したいとの事でした。

その時の作品がこの「漫才ギャング」でした。
期待しすぎるとガッカリしたりするものなのですが、いやいや、この作品は笑いっぱなしでした。

佐藤さん、上地さんを始め、それぞれのキャラクターが面白過ぎで、石原さとみさんが演じた女性はかなり漫画的な人物造型でしたが、その可愛らしさはそんなこともすっ飛ばす可愛さでした。

そして何と行っても宮川大輔さんのやくざが完全にツボにハマりました。
スタッフも撮影の北さんを始め、良く知っているスタッフが勢揃いでした。

アクションシーン等は現場的にはかなり苦労があったんだろうなと思うのですが、パワフルなスタッフが集まっているので、きっと現場自体は楽しかったんだったんだろうな思います。

やや「ドロップ」の完成度から比べると物足りない部分もありましたが、素晴らしい出来の作品でした。
是非、劇場でご覧下さい。

あの企画、やっぱり品川さん監督で映画化したいんだけどなぁ


画像
TaguchiHijiriをフォローしましょう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
漫才ドロップぜひ観てみたくなりました。でもまずは「ドロップ」も。。。
ot
2011/04/22 15:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
「漫才ギャング」鑑賞記 真・制作部日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる