真・制作部日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「東京島」鑑賞記

<<   作成日時 : 2010/09/03 12:35   >>

トラックバック 0 / コメント 1

府中のTOHOシネマズで観てきました。
秋の作品の配給がGAGAさんなので、最新作を観ておこうと行ってきました。

木村多江さんはとても魅力的な女優さんで、「ぐるりのこと。」のお芝居は相当凄いものを感じました。
今回も「女一人」と云う事で、とても期待しておりました。

宣伝も行き届いているし、予告編を観てウチのカミさんなども観たいと言っておりました。
番宣で木村さんがバラエティに稼働してくれているのも、自信があるんだろうな、と思っておりました。

ところが、

映画が始まって直ぐに、あれ?と思い。

映画が進んでいくが取り残されていく感じがし。

映画が終わって、???と云う感じでした。

「15少年漂流記」でも「LOST」でもありません。
「バトルロワイヤル」でもありません。

サスペンスもバイオレンスもありません。
エロもありません。

図太さがあります。
草食系の男子が情けないです。

笑える場面があります。
笑っていいのかわからない場面もあります。

撮影は大変だったんだろうなと思います。
衣裳の汚しが足りないよなぁと思います。

女性が観たら面白いのかなぁ?と思いました。
「ファンタジックコメディ」とでもいう感じでした。

レビューを読むと、原作の方が数倍面白い!という感想が多かったです。
原作読まずに、映画を劇場で観て下さい。

画像
TaguchiHijiriをフォローしましょう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
スタッフも『…?』でしたから…(笑)
なおき
2010/09/04 22:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
「東京島」鑑賞記 真・制作部日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる