真・制作部日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「時をかける少女」鑑賞記

<<   作成日時 : 2010/04/04 11:14   >>

トラックバック 0 / コメント 1

ヒューマントラストシネマ渋谷で観てきました。
土曜日の午後という事もあって、高校生位の子たちでほぼ満員でした。

この作品の監督の谷口さんとは、最近はご無沙汰なのですが、何作かの現場で一緒に作品作りをしました。
とても温厚な方で、その優しい感じが作品にも良く出てました。

僕らの世代は、何と言っても大林監督、原田知世さん主演の「時かけ」が印象的で、最初、この企画を聞いた時、えっ!またやるの?というのが正直な感想でした。

制作中も結構大変そうな噂は聞いたのですが、谷口さんの初監督作と云う事もあったのでしょう、スタッフがみんな頑張ってくれたんだろうなと思います。

それにしても見事なアイドル映画です。
仲里依紗さんの魅力を余すところ無く描きながら、とても素敵な作品に仕上げてました。

仲さんのスタイルと云うか、体つきが極めて現代的なので、昭和にタイムスリップした時の違和感がそこにいるだけで表現されていました。

お話は、先の展開がやや見えやすいのと、父娘のお話が少し散漫になってましたが、ついホロっとさせられたしまう場面もあり、とても満足でした。

是非、劇場でご覧下さい。


画像
TaguchiHijiriをフォローしましょう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
私は初日舞台挨拶を観に行きました。
ホント、仲里依紗さん輝いていましたね!
=谷口監督の演出力をも感じました。。。
ハラB
2010/04/05 13:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
「時をかける少女」鑑賞記 真・制作部日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる