真・制作部日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 企画開発の難しさ

<<   作成日時 : 2010/03/17 19:26   >>

トラックバック 0 / コメント 1

今更そんなこと言ってんじゃないよ!
って感じですが、この進まなさには呆れ返ります。

ラインプロデューサー(制作部も)は、準備稿が出来上がってから呼ばれることが多く、監督や主演俳優が決まって、撮影の時期がある程度見えてから合流します。

ところがこの企画開発は、思い立ってから準備稿が出来るまでの道のりがとんでもなく長いのです。
去年の夏からスケジュール調整をして、最初は春に撮ろうなって言っていた作品はまだ監督が決まりません。

脚本は何とか第一稿があがっているのですが、監督が決まらない為に主演俳優も決まらないと云う状態になって既に3ヶ月になろうとしています。

やれば結構な大作なので、準備もしっかりやりたいのですが、今の状態では秋の撮影も厳しくなって来ています。

面白いマンガが原作なのですが、実写化の難しい題材でもあり、誰でもうまく監督できる訳では無いと云うのがミソなんでしょうね。

年明けに急浮上した企画も、監督が多忙につき、シナハンにすら行けません。
そろそろリサーチなどを本格化しないとこの夏の撮影なんて相当大変な状況になってしまいます。

GW明けには準備スタッフを動かしたいのですが、肝心の準備稿がなければそうも出来ません。
しかも巨大企業がスポンサーなので、ギリギリでって訳にはいかないと思います。

二作品とも体制的には恵まれた企画なのですが、どうにも上手く進みません。
僕の力不足なんでしょうね。

現場のことなら何でもこい!なんですが、今まで外枠を自分で固めたことは無いので、勝手がわかりません。

ジレンマです。
TaguchiHijiriをフォローしましょう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
がんばってください、応援しております
OT
2010/03/18 17:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
企画開発の難しさ 真・制作部日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる