真・制作部日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本アカデミー賞

<<   作成日時 : 2010/03/06 01:24   >>

トラックバック 0 / コメント 0

日本アカデミー賞の最優秀賞の発表がありました。
優秀女優賞を受賞したペ・ドゥナさんは残念ながら最優秀賞は頂けませんでした。

今回は、「沈まぬ太陽」と「剣岳」で分け合った感じで、僕が良く知っている方々の作品は期待に反して最優秀賞は取れませんでした。

それにしてももう33回にもなるのに、どうにも盛り上がらない感じがするのは何ででしょう?
映画関係者だけで勝手にやっている感じがしてしまうのです。

番組自体も毎年、あまり代わり映えしない感じだし、何もテレビ中継する必要があるのかとまで思ってしまいます。

自分が関わったり、一緒に仕事している方々が受賞されるのは非常に喜ばしいのですが、果たして一般の方々がそれを見て楽しいとは思えない気がするんですよね。

そもそもアカデミー会員しか投票できないし、キネ旬みたいに読者選出の賞みたいのもないと思うので、観客無視みたいな感じがしちゃいます。

そのアカデミーの会員は映画会社の社員の方は入っているけれど、我々みたいな町場のフリースタッフは、会員の方々の推薦を貰えないと会員になれないのです。

なので、映画会社の大人たちが投票する訳で、子供たちに人気のある作品などは、ある意味全く対象外になっている感じがします。

会社をあげて投票する様ないわゆる組織票的な事はないと思いますが、独立プロ系の作品がなかなか受賞できないのはどうもその辺の事情もある様な気がします。

とはいえ、各作品や受賞者はそれぞれ素晴らしいお仕事をされていると思います。
ただ、もう少し、盛り上がる事を考えないといけない気がする今日この頃でした。
TaguchiHijiriをフォローしましょう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本アカデミー賞 真・制作部日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる