真・制作部日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ピーター・ドイル講演会

<<   作成日時 : 2009/07/07 16:27   >>

トラックバック 0 / コメント 2

ショートムービーのキャスティングは相変わらず暗礁に乗り上げており、「おと な り」のキャスティングを担当してくれた田端さんに相談する事にしました。

とはいえ、そもそもショートムービーなるものが日本の市場では確立されてないので、俳優事務所も簡単には参加してくれなさそうなのです。

キャスティングは難しいです。

さて、昨日は富士フィルムの本社に行って、ピーター・ドイルさんの講演会を聴いてきました。
ドイルさんは「マトリックス」や「ハリーポッター」のデジタルカラーリストです。

イギリスを拠点にハリウッド大作のD.Iを手がけていると云う凄い方なのですが、正直あまり勉強にはなりませんでした。

何しろ、こちとら日本映画のインディーズプロデューサーの末端の人間です。
D.Iなるものがまだまだ高嶺の花なので、いかに素晴らしいものでもおいそれと使えません。

まして日本映画は、以下に無駄を無くしてお金をかけずに効率よく映画を作るか、といった作品が多いのでどうしようもありません。

結局は撮影を担当している方に、現場で頑張って撮ってもらって、ネガ編集をして組んだプリントのフィルム上での色調整だけを現像所でやって仕上げてしまうという事しか出来ません。

「おと な り」の時もD.Iのシミュレーションを現像所の方々に考えてもらったのですが、とても現像費にそこまではかけれないと云う事で諦めました。

日本でもメジャーの大作などではD.Iを使って作品を作ってもいるのですが、実情はそんなに上手くはいってないようです。

そもそも「ハリーポッター」の様に全編デジタル合成などと云う作品は非常に少ないのです。
押井さんや紀里谷さんが自分のワークステーションを作ってやっている例もありますが・・・。

全ての素材をデジタル化して、加工して、フィルムに変換する。
今度はそんなことが出来る大作を仕掛けていきたいものです。

TaguchiHijiriをフォローしましょう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
あれれ、ぼくもその講演、聴きに行ってましたよ!
すごすぎて参考になりませんよね(笑)
カラコレに74週間て!
なおき
2009/07/10 02:13
ショートムービー、岡田准一君に出演してもらいたいです。主役じゃなくてもいいです。
鉄は熱いうちに打て!で、もっともっと演じていくべき年齢だと思うのです。宜しくお願いします。
木更津りんご
2009/07/10 12:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
ピーター・ドイル講演会 真・制作部日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる