真・制作部日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「真夏のオリオン」鑑賞記

<<   作成日時 : 2009/06/15 20:42   >>

トラックバック 1 / コメント 0

ガメラ医師さん、コメントありがとうございます。
昨日は、地元府中のTOHOシネマズに行ってきました。

そしたら何と昨日は14日ということで、TOHOシネマズデーでとっても混んでました。
でもこの作品の入りはやや期待外れな感じでした。

玉木さんをはじめとして俳優部がとてもストイックで良い感じでした。
潜水艦内部のセットも見事で、映像もきちんと作られていました。

以前に僕は「出口のない海」という作品の特撮を担当しましたが、この作品はうちの親方が視覚効果を担当しております。

「出口のない海」の特撮撮影の村川さんや特撮美術の春日さんが撮影に参加していて相変わらず良い仕事をしております。

ただ、「出口の」の影響でしょう、回天の乗員達の苦悩に感情移入してしまい、乗り込ませない為の艦長の思いと行動が、これではちょっと弱いのではと思ってしまいました。

彼らは、家族や死んでいった仲間の為に、自分も死ぬことを覚悟している訳で、そんな若者達の強い思いが脇に置かれて、米軍との攻防だけになってしまったのは残念でした。

しかし「ローレライ」とは違う、福井晴敏さんの世界を堪能できる作品です。
是非、劇場でご覧下さい。

画像
TaguchiHijiriをフォローしましょう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「真夏のオリオン」を観ました!
   ―生きる希望と生きるための智恵― 亀さんは、13日、映画「真夏のオリオン」(注1)を観ました。太平洋戦争の末期の日本海軍の潜水艦長たちの生きざまを描いたもので、亀さんとしては、公開前から興味がありましたが、そのストーリはほとんど知りませんでした。 亀さんの故郷の呉市は、旧日本海軍の軍港で、潜水艦の基地もありました。特に、この映画の一つの主役といえる伊号潜水艦(注2)については、亀さんもその実 ...続きを見る
団塊の広場(カメラ、旅行、趣味、日常)
2009/06/15 21:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「真夏のオリオン」鑑賞記 真・制作部日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる