真・制作部日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 還暦祝い

<<   作成日時 : 2009/06/28 10:29   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ドラえもんさん、遠くまで足を運んで頂いてありがとうございます。
二度観ると新しい発見があると思います。またお楽しみ下さい。

新企画の打ち合わせを連日続けております。
この前は鴻上さんに10何年ぶりにお会いしたのですが、何と打ち合わせに遅刻してしまいました。

冷や汗ものでしたが、打ち合わせは無事終了。
制作はもう少し先になりそうですが、頑張って進めていきたいと思います。

そして、昨日は高橋伴明監督の還暦祝いのパーティーに行ってきました。
「新宿でのヤクザな集会」だと言われていたのですが、確かに凄いパーティーでした。

監督の作品には「人間交差点 不良」「愛の新世界」「修羅の帝王」「迅雷」と云った作品に参加させて頂き、その確かな現場裁きと大酒飲みっぷりがとても気持ち良い監督です。

あの頃はVシネマが始まり、映画業界が活気づいた時期でもあり、少ない予算でも面白い作品を作ろうという意欲的な作品が多く出来たものでした。

パーティーには、名だたる監督、プロデューサーが一堂に会していて凄かったのですが、昔お世話になったというゴールデン街のママが暴れたりして、緊張感を漂わせているのが更に凄かったです。

監督の幼い頃からの写真をスライドショーで見ながら、監督のコメントを聞いたり、生で宇崎竜童さんの「Hushaby Seagull」も聞けました。「TATOO<刺青>あり」をまた観たくなりました。

監督は、最近はやんちゃな映画を撮られてないのですが、「俺はピンクでもヤクザ物でも何でも撮るよ!」と力強くおっしゃってました。

しばらく会わない人と悲しい席で再会することが多くなってきたので、こういう場で楽しく皆さんに会えるのはとても嬉しかったです。

スタッフとして、多くの監督やプロデューサーの方々が、会の進行をされてました。
さすが、伴明組です。

僕は還暦までまだ15年もありますが、果たして僕はそれまで映画を作り続けていられるのか、いやいや、作り続けていきたいです。
TaguchiHijiriをフォローしましょう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
還暦祝い 真・制作部日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる