真・制作部日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 陣中見舞い

<<   作成日時 : 2008/09/01 01:14   >>

トラックバック 0 / コメント 0

昨日は息子の誕生日で銀座の鮨処こんのに行ってきました。
僕が14才の時は「スターウォーズ」などのハリウッド大作のおかげですっかり映画にはまりだした頃です。

息子は「デスノート」で映画にはまり、最近は友達と映画を観に行くようになりました。
将来どうするかはともかく、映画に興味を持ってくれるのは親としては嬉しい限りです。


さて、今日は東宝撮影所に「真夏のオリオン」の特撮現場に陣中見舞いに行ってきました。

「鉄人28号」同様、視覚効果班体制で松本さんが班長で、「出口のない海」の撮影の村川さんや美術の春日さんたちの現場です。

特撮といっても、着ぐるみを着たスーツアクターがミニチュアの街で暴れ回るものから、単に合成用の素材撮りまで様々な撮影があります。

デジタル合成の発達のおかげでいろいろな後処理が出来るようになり、最近はCGによる画作りの方が多くなってきました。

でもスケールの違いこそあれ、やはり本物を撮影して合成した方が単にCGで作った素材を合成するより良い場合があったりします。

ただし、特撮は結構時間がかかってしまったりするので、仕上げの時間の事なども考慮してスケジュールを組まないと大変なことになってしまいます。

画コンテを作る段階で、様々な検証がされたりするのですが、俳優さんのお芝居を撮る本編班との状況の変化などにも特撮班は対応しなければならないので大変です。

撮影はスムーズにいっても仕上げに時間がかかったり、撮影で粘ったおかげで仕上げがスムーズに進んだりといった事があるので、松本さんは相当苦労しているはずです。

だいぶ睡眠時間を削って頑張っているようだったので、出来上がりを大いに期待しつつ、撮影中のケガだけは無いようにと祈るばかりです。


さぁ明日から9月です。
人の心配している場合じゃなくなりそうなので、こっちも頑張ります!

TaguchiHijiriをフォローしましょう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
陣中見舞い 真・制作部日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる