真・制作部日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 製作部必需品その3

<<   作成日時 : 2006/08/30 13:09   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今日はカメラ。
スチールカメラです。

僕が最初にロケハンしたのは、「みんなあげちゃう」という実はお仕事一本目の作品だったのですが、準備の早い段階から呼んで貰えたので、いろいろな作業もさせて貰えました。

当時のカメラは当然フィルム。コンパクトなカメラが出始めたぐらいだったのかな?
「写るんです」が1986年発売なので、まだまだだったかな?

仕事を始めた時、どんなカメラを使っていたか記憶が定かではないのですが、最初のうちはプレロケハンして良い場所が見つかったらすかさずメインロケハンを組んで見に行っていたので写真はあまり撮らなかった気がします。

その内、プレロケハンで見た場所を写真に撮ってきて、メインの打ち合わせの時にみんなに見せて選んだ場所を実際に見に行くようになり、写真が重要なアイテムになってきました。

最初の頃は、撮った写真も翌日にプリントが出来上がるなんて状況で、その内に即日仕上げや1時間仕上げなんてなってきて、いまやすっかりデジタル化してしまいました。

最近の製作部は見つけた場所を写真に撮り、パソコンでその写真をパノラマ状に並べてから出力したり、ロケハン先からメールで写真を事務所に送ったりとその便利さを利用してとてもスピーディーに作業をしています。

しかし、不思議なもので同じ場所を撮影しても撮る人によって見え方が違うので、写真だけで判断することは出来ません。

自分でも良い場所と思って写真に撮るのですが、上がった写真を見ると大した場所に写ってなくて監督たちに説明するのに苦労したことが何回もあります。

しかし狙い通りのアングルの写真を見た監督が「良いじゃないここ」と気に入ってくれた時はとても嬉しいものです。

ロケハン写真の秘訣は、結局はカメラの善し悪しではなく"想い"かなと思います。
TaguchiHijiriをフォローしましょう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
製作部必需品その3 真・制作部日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる